子犬の価格について

わんだーデポでは、理想的な環境で育った良質な子犬を選りすぐって販売しています。
だからといって、特別高い訳ではありません
すべての子犬を一般的なペットショップ価格よりも3割程度低い価格でご紹介しております。(でも、当店で販売している子犬と同じくらい良質な子犬にはペットショップではなかなか出会えません・・・)
子犬の健康管理や社会化への協力体制などのしっかりした信頼できるブリーダーさんから健康な子犬をお譲りいただき、更にしっかりと健康診断とワクチン接種を行ってからお客様にお渡しする。
このような当然の事を行った上で、できる限りお求め安い価格設定をしております。
しかし、「激安」や「SALE」というフレーズでせっかくの子犬の価値を下げたくありませんので、あえて低価格をアピールするような表現はしておりません。そして、安いだけの子犬は販売しておりません。当店は、皆様に「この子を迎えて良かった!」と言っていただける良質の子犬だけを、販売しております。

例えば、右の写真のラブラドール・レトリバーの子犬ですが、この子はな・・・なんと!映画「クイール」 で幼少期のクイールの役を演じた犬の兄妹にあたる子です。
弊店では、芸能犬(?)やモデル犬として活躍しているわんこと兄妹親子や親戚関係にあたる子犬も、お求め安い価格で皆様にご紹介させていただいております。

 

 

★子犬の価格構成★
世の中に流通している数々の商品やサービスと同じように考えていただいて結構だと思います。
それは・・・
製造元コスト + 販売元コスト + 需要と供給係数
です。
これを、そっくりそのまま子犬に当てはめると
ブリーダーさん諸経費 + 弊店諸経費 + 0(ゼロ)
となります。
「需要と供給係数」が0(ゼロ)というのは、ブリーダーさん諸経費に少なからず含まれているからです。
というのは、ブリーダーさん所有のママ犬と外の犬舎のパパ犬を交配させた場合には交配料がブリーダーさん諸経費としてかかります。その交配料がその犬種の人気・希少度やパパ犬の血統により上下するのです。先祖代々チャンピオン犬なんていう良血統で人気のある珍しい毛色の子犬が、平均的な子犬価格に比べて高価になってしまうのは、そんな理由からなのです。
また、ブリーダーさんがより良い飼育環境を整え、 犬1頭あたりの飼育スタッフを十分な人数で犬舎運営をすれば、 1頭あたりにかかる諸経費は高くなりますが、 犬舎の状態は理想的な環境を維持できます。逆に言えば、 少人数で多くの犬達を飼育し大量生産のように飼育された子犬は1頭あたりのコストが安くなるわけです。
理想的な環境とは、例えば・・・、養鶏場のような機械的な環境ではなく、アットホームな家庭的環境で隅々まで目が行き届く状態です。どの子がどんなうんちをしたのか、兄妹でケンカをするとどの子が強くてどの子がマイペースでいるのか、食事のペースが遅い子はどの子か、そんな生活の様子を逐一確認し続けられるのです。だからこそ、1頭1頭の子犬の性格もご説明できるのです。
わんだーデポがお付き合いさせていただいているブリーダーさんは、そんな理想的な環境での飼育にポリシーを持っているブリーダーさんばかりです。
なぜ、理想的な環境での飼育にこだわるのでしょうか?
それは、子犬の社会化期と言われる生後2ヶ月程度までの大切な時期を、ブリーダーさんの適切な健康管理化で育つだけではなく、 ママ犬や兄妹犬と過ごす事によって犬社会のルールを学ぶ為です。この事の重要性は、人間の子供に置き換えてお考えいただければご理解いただけると思います。実際に、生後1ヶ月程度で親犬から離され、子犬期に母犬や兄妹達と育たずに十分に社会化できない子犬が成犬になって問題行動を起こしやすいことは獣医師の方々の研究結果として数多く発表されております。
弊店諸経費に関しましては、弊店は郊外にあるショップですので莫大な家賃等の管理コストがあまりかかっておりません。(水道はなんと井戸水っ!)
そして、スタッフは少数精鋭!(本当です)。このように、かけずに済んだ費用をブリーダーさん犬舎を直接訪問して子犬の状態を確認したり、ウェブページに掲載する写真や動画を撮影する費用に当てております。それでも、結果的に店舗運営コストは他店に比べて圧倒的に低く抑えられています。
ブリーダーさん諸経費が高い子犬(すなわち高いレベルの環境で育った良質の子犬)の価格を、抑えに抑えた店舗運営コストでカバーして、お客様にご提示する価格はとてもお求め安い価格にしてご紹介できているのです。

わんだーデポでは、掛けるべき手間を省かずにしっかりと育てられた子犬達を皆様にご紹介しています。
そして、スタッフが実際に会って確認した子犬を皆様にお届けするようにしています。ブリーダーさんが遠方の場合でも、一度弊店犬舎にて子犬をお預かりし健康状態を確認するようにしておりますので、 ”子犬を実際に見たことがないし、ブリーダーさんと会ったこともない”といったネットショップとはサービスの質が違います。
どうぞ安心してご利用ください。

HOME > わんだーでぽ? > 子犬の価格について